かめきちのほーむぺーじBBS

15999
名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

噂の真相(2)3冊 - チュンペイ

2020/10/17 (Sat) 16:00:14

亀井さん
続きです。
2回目、カテゴリー提供情報>記事・その他 3冊です。

●雑誌名::噂の真相 1988.11月号
●発行年月:88/11
●出版社:噂の真相
●タイトル::匿名鼎談 最近の”中間小説”と流行作家に関する業界事情を
語るが! (42-48頁)
備考:
X、Y、Zなる3人の掛け合い漫談風鼎談。
44頁目に、西村京太郎と山村美紗の話が話題に。

●雑誌名::噂の真相 1996.11月号
●発行年月:96/11
●出版社:噂の真相
●タイトル::急逝した”文豪の女王”山村美紗と西村京太郎のSM人生の
『ミステリー』 (34-40頁)
備考:
(特に目新しい記事内容ない)

●雑誌名::噂の真相 1999.8月号
●発行年月:99/08
●出版社:噂の真相
●タイトル::西村京太郎が山村美紗を私小説『女流作家』を書き始めた理由
(56-60頁)
備考:
ミステリーでもない『女流作家』を執筆した訳。
新パートナーができ、吹っ切れたとか?
(何回も読んでも、よくわからない記事)

噂の真相(1)4冊 - チュンペイ

2020/10/17 (Sat) 15:53:36

亀井さん 今日は!

西村京太郎と山村美紗との関係を、流行作家からの仕事欲しさに各出版社が
取り合上げなかった中、噂の真相のみこのスキャンダルを掲載したとのこと。
西村京太郎にかかわる「噂の真相」を7(4+3)冊書き込みます。
カテゴリーは、関連書籍>グラビア4冊、提供情報>記事・その他 3冊です。
二回に分けての投稿となります。

この投稿は、関連書籍>グラビア 4冊です。
いずれも1頁もので、上半分が写真、その下が記事となっておりますが、
枠タイトルが「Photo Scandal」なので、グラビア範疇としました。

●雑誌名::噂の真相 1988.6月号
●発行年月:88/06
●出版社:噂の真相
●タイトル:: 不可解な根強い文壇の悪しき実態を打破せよ!
隣接する売れっ子作家・西村京太郎と山村美紗の邸宅 (7頁目)
備考:
文壇の中では、西村京太郎と山村美紗の間柄は公然の秘密。
文壇タブー=天皇タブー。
写真はその邸宅。

●雑誌名::噂の真相 1997.10月号
●発行年月:97/10
●出版社:噂の真相
●タイトル::ミステリーの女王・山村美紗の一周忌パーティー開催
最良の伴侶を失った西村京太郎に早々と芸者の愛人 (7頁目)
備考:「山村美紗さんを偲ぶ会」として帝国ホテルで開催。各界から200人参加。
発起人は、西村京太郎と山村美紗、真冬(次女)。
このとき、既に愛人と同棲していた。と言う記事も掲載されている。
(初めて、山村真冬さんが写っている写真を見た)

●雑誌名::噂の真相 1999.4月号 創刊20周年記念 特別増頁号
●発行年月:99/04
●出版社:噂の真相
●タイトル::売れっ子作家西村京太郎愛人初公開
山村美紗との愛の呪縛から解放されて湯河原同棲 (7頁目)
備考:
写真は新パートナーとのツーショット。
西村京太郎にとっては、「新女王」か?

●雑誌名::噂の真相 2001..4月号 創刊22周年記念 特別増頁号
●発行年月:01//04
●出版社:噂の真相
●タイトル::西村京太郎が故山村美紗の娘たちと決別へ
元温泉芸者と正式入籍して湯河原に記念館も設立 (11頁目)
備考:
入籍には山村姉妹が大反対。
元芸者の息子はぐーたら者。
記念館はやっと基礎工事。 等々・・・・
写真は基礎工事中の敷地と新パートナーのツーショット(1999.4号の縮小版)。

無題 - チュンペイ

2020/09/25 (Fri) 11:50:20

亀井さん 、今日は!

コミックス4冊書き込みます。

●コミック名:十津川警部の事件簿&鉄道ミステリーベストコミック10
●出版社:秋田書店
●発行年月:19/11
●収録作:短編7作品
・死が乗り入れ来る(作画::宗美智子)・・・収録5回目
・裏磐梯殺人ルート(作画:鳥羽笙子)・・・収録3回
・青に染まった死体(作画:鳥羽笙子)・・・収録3回
・306号室の女(作画:鳥羽笙子)・・・収録2回
・琵琶湖周遊殺人事件(作画:鳥羽笙子)・・・収録5回
・依頼人は死者(作画:瀬畑純)・・・収録4回目
・EF63形機関車の証言(作画:大舞キリコ)・・・収録2回

●コミック名:旅情ミステリー スペシャル8 浅見光彦&十津川警部
●出版社:実業之日本社
●発行年月:19/12
●収録作品:西村京太郎原作1作品+その他1作品
・七人の証言 (原作:西村京太郎、作画:苑場凌)・・・収録3回目

●コミック名:十津川警部の事件簿&鉄道ミステリーベストコミック11
●出版社:秋田書店
●発行年月:19/12
●収録作:短編8作品
・お座敷列車殺人事件(作画::宗美智子)・・・収録6回目
・特急「富士」殺人事件(作画:宗美智子)・・・収録3回
・危険なブラックメール(作画:鳥羽笙子)・・・収録4回
・危険なスポットライト(作画:鳥羽笙子)・・・収録3回
・危険なヌード(作画:鳥羽笙子)・・・収録4回
・危険なダイアル(作画:鳥羽笙子)・・・収録3回
・危険なデザイン(作画:鳥羽笙子)・・・収録3回
・恋と幻想の上越線(作画:大舞キリコ)・・・収録2回

●コミック名:十津川警部の事件簿&鉄道ミステリーベストコミック12
●出版社:秋田書店
●発行年月:20/01
●収録作:短編8作品
・最終ひかり号の女(作画::宗美智子)・・・収録5回目
・祇園の女(作画:宗美智子)・・・収録4回
・白樺心中行(作画:宗美智子)・・・収録6回
・第二の目標(作画:風祭壮太)・・・収録5回
・回春連盟(作画:風祭壮太)・・・収録4回
・危険なドール(作画:鳥羽笙子)・・・収録2回
・危険なジャイブ(作画:鳥羽笙子)・・・収録6回
・殺し屋Aの記録(作画:大舞キリコ)・・・収録2回

おんな鉄道ひとり旅2 - やまちゃん

2020/08/22 (Sat) 13:19:07

正しくは、

西村京太郎先生驚嘆! 

でした(^_^;)

整合性!&感謝! - チュンペイ

2020/08/21 (Fri) 10:23:55

亀井さんへ
「江戸川乱歩語辞典」西村京太郎氏のランキングは
①押絵と旅する男(なんと、整合性が取れている!)
②芋虫
③パノラマ島綺譚
でした。

やまちゃんさん
情報有難う御座います。
早速、購入手配をしました。

おんな鉄道ひとり旅2 - やまちゃん

2020/08/20 (Thu) 09:56:16

YASCORN「おんな鉄道ひとり旅2」(小学館 2020.7.15発行)のオビに、
西村京太郎驚嘆!
「サンライズに15回というのは異常ですよ」
とあります。
また、56頁に十津川警部もどきの西村先生の姿が。
ネットには、作者が西村先生に取材した記事もあります。

情報感謝! - チュンペイ

2020/08/13 (Thu) 12:45:07

「江戸川乱歩語辞典」の情報有難う御座います。この本があるのは知っていたのでが、あまりにも多くの作家が登場するので西村京太郎先生の名を見落としていました。早速、通販購入手続きをしました。

書き込みありがとうございます。 - 亀井(管理人) URL

2020/08/12 (Wed) 18:14:11

チュンペイ様、書き込みありがとうございます。
また情報が増えてしまいました、早いとこ更新しなければ・・・。
追記の本は知っていますが、買うかどうか悩んでいる所です。
西村先生にインタビューをした様な事が何かの記事に書いて有りましたので買ってみようかな?。
私も情報をひとつ。(チュンペイ様もご存知と思いますが・・・。)
「江戸川乱歩語辞典」(誠文堂新光社)という本に西村先生が「私が愛する乱歩作品ベスト3」を回答している様です。
いつもの様に実物を見ていない情報ですが、今回の書き込みに有る「押絵と旅する男」が一位なんでしょうかネ。

情報提供の部屋>関連記事・他(2冊)+α - チュンペイ

2020/08/11 (Tue) 09:01:30

亀井さん
おはよう御座います!

範疇は、情報提供の部屋>関連記事・他(2冊)です。

●雑誌名::サンデー毎日 1977.10.9
●発行年月:77/10
●出版社:毎日新聞社
●タイトル::推理作家が選んだ3冊の推理小説 (西村京太郎の回答 131頁目)
備考:
推理作家31人が、これはと思う作品をアンケート方式で回答したもの。
ジャンルは、⑴海外作品、⑵日本作品、⑶自作作品 から各1冊。

西村京太郎先生が選んだのは:
⑴海外:アガサクリスティー『そして誰もいなくなった』
⑵日本:江戸川乱歩『押絵と旅する男』
⑶自作:『D機関情報』
選んだ理由の短文も掲載。

●雑誌名::サンジャック 1975.12 no.8
●発行年月:75/12
●出版社:鎌倉書房
●タイトル::傑作SF小説のこの1冊!作家101人のジャンボアンケート
(西村京太郎の回答は、 112頁目)
備考:
西村京太郎先生が選んだのは:
「火星年代記」 ブラッドベリ
理由は、当時「SFマガジン」応募し落選。この本を読んで、落選を納得。

〈追記〉
亀井さんはご存知かもしれませんが、、先月(20/07)に下記の書籍が発売されました。
・題名:「京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗と二人の男」
・著者:花房観音
・出版社:西日本出版社

本の内容は、山村美紗の生涯をを書き綴ったものですが、
「二人の男」 とは、夫の山村巍(たかし)ともちろん西村京太郎。
末巻に、参考文献一覧が約140冊掲載されており、その中で、タイトルに
西村京太郎が記載されているのが、20数冊あります。
今、所有している本と突き合わせている処です。
所有していない本があった時には、又、書き込みます。

ゆとりの貧乳 - みわまゆこ URL

2020/06/04 (Thu) 00:35:24

 円 光   貧 乳 お っ ぱ い の 美 少 女 !   可 愛 い ギ ャ ル J K が 援 助 交 際   パ イ パ ン 女 子 校 生 が フ ェ ラ と ハ メ 撮 り S E X 

https://fc2.blog-mmo.com/


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.